ヘアケア

優しいシャンプーの仕方!頭皮や髪の毛を傷つけないためにも

頭皮・髪の毛に優しいシャンプーの仕方

シャンプーの洗い方について

間違ったシャンプーの仕方をしてると頭皮や髪の毛を傷めてしまいます。

髪の毛痛みなどが気になる方は正しいお手入れ方法で洗ってみてはいかがですか?

シャンプーに仕方次第でダメージを作ってしまってる方は多いと思います。

シャンプーは毎日することなので、ロングの方は特に優しく正しいシャンプーの仕方で洗ってみてくだい。

 

シャンプーの手順

いきなり洗わないで(シャンプ前に)

 

シャンプーする時にいきなりシャンプー剤を手に取らないでいただきたいです。

すぐにシャンプーをしてしまうと、髪の毛が引っ掛かり抜け毛の原因になります。

いきなり洗うことは頭皮などに負担をかけるので、適した洗い方とは少し違います。

「そんなに気を使うの?」と思うかもしれませんが、毎日の積み重ねで髪の毛は傷んできます。

知らず知らずに髪の毛は傷んできます。

そうならないようにしっかりと正しいシャンプーの仕方を覚えてください

 

まずは髪の毛を引っ掛かりがないようにとかして(ブラッシング)

 

髪の毛が長くなると引っ掛かりが多くなりますよね。

シャンプー中にとかして洗うこともできます、髪の毛は水などシャンプーなどで濡れると引っ掛かりやすくなります。その引っ掛かりを無理やり引っ張ると髪の毛は傷んでしまします。

その引っ掛かる前にししっかりと髪の毛を綺麗にブラシでとかしておきましょう。

 

お湯でしっかり流してから

髪の毛をとかしてからは、次はしっかりとお湯で流してください

この時に軽くではなくしっかりとを意識して髪の毛をお湯で流すことをしてください。

この工程でシャンプーつけなくても髪の毛の汚れは80%は汚れが落ちてます。

ここでしっかりとお湯で流さないと、シャンプーの泡立ちが悪いです、その為髪の毛同士の摩擦が生まれて、ダメージの原因になることがあります。

しっかりとお湯で流してください。

シャンプーを泡立てよう!

髪の毛をとかして(ブラッシング)絡まりをなくしてお湯でしっかり流した後は

シャンプーですが手にとってそのまま髪の毛につけるのではなく、

まずは手のひら全体で泡立てるように広げてください。

市販のシャンプーと美容室などで売ってるシャンプーでは泡立ち方が違います。

美容室で買ったシャンプーは意外に泡立ちが悪い(今は泡立ちがいいのもあります)

泡立ちが悪いのは界面活性剤で変わります。(アミノ酸系など)

そんな泡立ちが悪いのは泡を立たせず手のひら全体に広げてシャンプーに行ってください。

シャンプーの仕方

シャンプーは付けてゴシゴシ髪の毛を洗えばいいものではないです。

ちゃんとした仕方で頭皮や髪の毛への負担が少なくなります。

頭皮を洗って!

 

泡を立てて頭全体に付けてください、髪の毛ではなく頭皮につける感覚で、

ここでよく髪の毛に付けてゴシゴシすると思ってる方がいますが、

シャンプーは頭皮を洗うもの、髪の毛ではなく頭皮につけてくださいね。

頭皮につけ終わると、少しシャンプーを足して手にとって泡立ててから優しく髪の毛を揉み込んでください。

頭皮を揉み込むように洗う

シャンプーをつけたら髪の毛を洗いましょう!といってもゴシゴシするのではなく、

優しく頭皮を揉み込むように洗ってください。

ここで頭皮を擦ってしまうと頭皮を傷つけてしまい、今から新しく生えてこようとしてる髪の毛もぬけてしまいます。

なので頭皮は優しく揉み込むようにして洗ってあげましょう。できるだけ擦らないように洗うことを意識してください。

指のお腹で洗うこと(爪は立てないで)

シャンプーの時は指のお腹で洗うことを意識して、

爪を立てて洗ってしまうと頭皮に傷つけてしまう恐れがあります、爪を立てないことを意識して

爪など長い方は専用ブラシなど使うと洗いやすいですよ。

 

シャンプーを流しましょう

流す工程です

意外に流すことは大切です、しっかりと流せてないと髪の毛や頭皮または肌荒れの原因になります

洗った時間よりも長く流してください

洗う時は意外に時間をかけて洗う方がいますが、

実は逆です、洗ってる時間よりも流す時間を長めに流す。

シャンプーの倍の時間は流す時間を使ってください。

シャンプー3分→流し(すすぎ)は6分です。

シャンプーが頭皮に残らないようしっかりとすすいでください。

肌についたシャンプーが残ってると肌荒れの原因に

頭に気をとられ、肌や背中に残ってる場合があります。

肌に残ってると肌荒れの原因になることが多いです。

肌が荒れてるなと思われてる方はしっかりと流すことを意識してみてはいかがですか?

また洗う時に上から洗う順番もいいかもです。「頭→顔→体」みたいに

一度意識してください。

 

 最後に

髪の毛の洗い方は髪の毛をとかすことから、毎日とかしてやるのは面倒かもしれませんがやっていればなれるかもしれません。

綺麗な髪の毛は毎日のケアによります。

髪の毛は傷んでしまうと治らないのでなるべくダメージを減らして

綺麗な髪の毛を目指してみてはいかがですか?

ぜひ試してみてください。

 

シャンプーの選び方
シャンプーの選び方は自分の悩みにあった物を使うべきシャンプーの選び方について 美容室では必ずシャンプーの説明がありますよね。 セトルでもシャンプーについてご説明をお客様にさせて頂...
シャンプーとケアーの知識や注意点
シャンプーの知識と2つの注意点シャンプーケアーの知識と注意点 ぜひ読んでいただけると幸いです。 綺麗な髪の毛を保つには次に生えてくる髪の毛を大事にして シャ...
トリートメントの選び方や知識
トリートメントの正しい選び方や知識は?トリートメントに関する「選び方」や「知識と注意点」 美容室に来店していただくとお家でのトリートメントはしてますか?の質問を必ず...