髪の毛を綺麗に伸ばし方

髪の毛を綺麗に伸ばし方!

 

艶がありサラサラな髪の毛は、女性の方なら憧れますよね。

でも、髪の毛を伸ばそうとして長くなれば傷みが気に目につきやすく嫌になることが多い事です。

なのでなかなか思ってる長さになりにくいような・・

そんな方に髪の毛を綺麗に伸ばし方をお伝えさせていただきます。

まずは髪の毛を綺麗に保つには・・・

  • 今伸ばしてる髪の毛を傷ませない
  • 頭皮を綺麗に保つ事

 

髪の毛を綺麗に伸ばし方

 

まずは今伸ばしてる髪の毛を傷ませないためには・

  • 傷んだ髪の毛の部分を定期的にカット
  • ブリーチはしない
  • ドライヤーによる熱で髪の毛を守る
  • ヘアアイロンを使用を控える
  • 紫外線対策をしっかりとする

 

「傷んだ髪の毛の部分を定期的にカットする」

 

髪の毛を綺麗に伸ばすしていくには定期的に傷んだ髪の毛をカットしていく必要があります。

傷んだままで伸ばしていくと、毛先方が枝毛が出来てしまい、毛先の広がりになってきます。

せっかく伸ばしていく髪の毛も綺麗に伸びていかなくなります。

そんな状態にならないようにするには、定期的に美容室べ毛先にカットをしていくのがオススメですよ。

 

1ヶ月半がオススメですね。

 

担当の美容師さんに髪の状態をしっかりとチックしてもらい毛先を整えてもらってください。整えるだけでも毛先のまとまりが違いますので是非実感してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブリーチやパーマスタイルの繰り返しはなるべく避けましょう」

 

ブリーチや強いお薬でかけるパーマは髪の毛に大きく負担を与えてしまい髪の毛の外側のキューティクルにダメージを与えてしまい髪の毛の中の栄養分などが抜けてしまう事があるからです。

キューテクルとは?

 

キューティクルは、毛髪の表面をおおっている部分。 外部の刺激から毛髪内部を守り、内部の栄養分や水分が失われないように働くと同時に、髪につやを与えています。 根もとから毛先に向かってウロコ状(紋理)に重なり合い、1枚の細胞は非常に薄く、通常6~8枚が密着した層をなしています。

 

でも髪の毛を伸ばしているとスタイルに飽きてくる事が大きとよく聞きます。

そこで最も重要なのが頻度ですね。

ブリーチを毛先まで何回も染めていると必ずダメージが出ますなるべく「リタッチ」をオススメします。

リタッチは伸びてきた黒い部分(前回染めていないところ)を染める事です。

これをする事によって髪の毛のダメージが抑えられます。

パーマも一回だけですとそんなにダメージが少ないかと思いますが、何回も繰り返ししているとダメージは出ます。

もしパーマをかけるのであればしっかりと美容師さんに相談してみてください。色々とアドバイスが頂けるかもです。

なるべく髪の毛の傷み抑えて髪の毛を伸ばしていきましょう。

 

 

「ドライヤーからの熱を守る」

 

綺麗に髪の毛をを伸ばすにはドライヤーからの熱から守るのも大切です。

なぜかというと髪の毛にドライヤーの熱を当てすぎると、タンパク変性を起こしキューティクルやコルテックスが硬くなります、このような現象が起きると手触りなどのダメージの原因になります。

それでは濡れたままでいいのかというと、そうでもありません。

髪の毛が濡れている状態ですと、キューティクルが剥がれやすく、濡れたまま寝てしまうと髪の毛が傷んでしまいます。

なのでドライヤーで乾かす前にしっかりとタオルドライをして、ドライヤーを髪の毛にあてる時間をなるべく減らすようにしましょう。

少しでもドライヤーの熱が加わらないようにしてダメージを減らしましょう。

またドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれる洗い流さないトリートメントはオススメです。

 

 

 

「ヘアーアイロンの使用を控える」

 

髪の毛になるべく負担をかけないのであればヘアーアイロンの使用を控えた方が良いでしょう

 なぜかというと髪の毛に熱が加わる事によって熱でのダメージにつながります。
ですがアイロンを使わないと癖で髪の毛が収まりにくい方がいらっしゃいます。
そんな方はなるべく「ダメージ」へと繋がらない事を意識してアイロンを使いましょう。
「ポイントは4つ」
  • アイロンの熱の温度の調整ができる(160℃〜180℃)
  • 洗い流さないトリートメントで髪の毛をコーテイングしてからアイロンを使う
  • 髪の毛がしっかりと乾いた状態で使う(半乾きはダメ)
  • アイロンが髪の毛に触れてる時間を短時間に

これはアイロンを使う際になるべくダーメージを減らした方法です、ダメージがなくなるのではなく髪の毛を綺麗に伸ばしていくのにはなるべく使わない(回数を減らす)方が綺麗に保てます。

 

「紫外線対策はできてますか?」

 

髪の毛を綺麗に伸ばしていくのには紫外線対策も必要になってきます。

どうしてか?というと髪の毛が紫外線を浴びてしまいますと、髪の毛の表面がダーメージしてしまうからです。

ヘアカラーなどをしている方なら経験した事があるかもしれませんが、髪の毛が一番日が当たる場所が明るくなってる事がありませんか?これは紫外線によって髪の毛がダメージを受けて明るくなってきているのです。

 

そうならないための対策としては

  • 日傘をさす
  • UV効果のあるスプレーまたは洗い流さないトリートメントをつける
  • 帽子をかぶる

などです。

お肌と同じで髪の毛も紫外線をカットしてあげる事もオススメですよ。

是非実行してみてくださいね。

 

髪の毛は今ある髪の毛も大事ですが、今から生えてこようとしてる髪の毛も大事です、

頭皮の環境も同時に整えてあげるのも綺麗に髪の毛を伸ばす方法です。

ここからは頭皮の環境を整える方法をお伝えしていきます。

 

「お酒やタバコを控える」

 

健康な頭皮のためにも過剰なお酒やタバコは控えるべきです。

タバコで問題なのが『血流低下』タバコに含まれるニコチンやタールが血管を収縮させる動きがありますのでタバコを吸うと髪の毛に必要な栄養が届けられないのです。なので健康な髪の毛が生まれにくくなります。

お酒も過剰にとりすぎると良くないのので適量の方が良いのです。

健康な頭皮を保つのであれば喫煙・過剰なお酒は控えましょう。

 

 

「自分にあったシャンプーの選び方」

 

健康的な頭皮を保つのならば、毎日使うシャンプーもしっかりと自分にあったシャンプーを使うのも大切です

もし自分の頭皮が乾燥肌ですと、乾燥用のシャンプーを使ってあげないとトラブルが起きやすくなってきます

洗浄成分が強いシャンプーなどを使っていると健康な頭皮が保てなくなるので、

しっかりと頭皮にあったシャンプーを使ってみてください、毎日使うものなので大切ですよ。

 

 

記事『正しいシャンプーの選び方』

 

「ドライヤーを正しく使う」

ドライヤーをする前にしっかりと髪の毛についた水分をタオルで拭き取りましょう

ドライヤーと髪の毛の距離をなるべく離しましょう。近ずけて乾かすとドライヤーの熱でのダメージの原因

ドライヤーを常に動かしながら乾かしましょう

 

・乾かし方の手順

  1. しっかりとタオルドライ
  2. 洗い流さないトリートメントをつける
  3. 根元の方から乾かす(毛先からは乾かさない)
  4. 最後にキューティクル整えるために上から髪の毛に沿って風をあてる
  5. 最後に冷風で髪の毛を冷やしましょう(軽くで構いません)

・しっかりと乾かさないと

  • 生乾きで頭皮に雑菌が繁殖しやすくなる(頭皮のニオイの原因)
  • 髪がパサつきやすい(水だけでも髪の毛は痛みます)
  • そのまま寝るとダメージにつながる

 

記事『ドライヤーの乾かし方

 

 

「ストレスを溜めない」

 

ストレスで血行状態が悪くなる事も

ストレスで髪の毛に影響があるんですか?と思われがちですが頭皮に影響は及んできます。ですがストレスの多い社会では中々ストレスを溜めないでとは無理があります。

なので定期的にストレス発散をしてストレス解消してください。

 

 

「頭皮のをマッサージする」

 

頭皮のマッサージをすることで頭皮の血行血流が良くなり髪の毛の作っている部分に栄養分が行き届きやすくなるため健康な髪の毛にプラスに

また頭皮をマッサージすることによって硬くなった頭皮を柔らかくしてくれます。そのため髪の毛が育ちやすい頭皮環境を整えれます

ですが、力の入れすぎや過剰にマッサージをしすぎることによって頭皮を傷つけたりしてしまいますので、注意が必要です。

 

記事『優しいシャンプーの仕方

 

正しいケアーをして綺麗に髪の毛を伸ばしましょう。

是非気になる方は実践してみてくださいね。